意匠設計

  1. 業務内容
  2. 意匠設計

意匠設計

マネージャー

  • 設計部 意匠設計部長
  • 一級建築士

お客さまのあらゆるニーズに応えて、満足のいく使命・役割をもつ空間づくりを行うのが意匠設計課の使命です。大設計が主体となって行う建築設計のほかにも、他社の設計事務所及びゼネコンの建築設計協力、行政機関の委託建築設計及び監督業務、耐震診断と耐震改修設計、特殊建築物の定期報告書作成などが主な業務です。
建築設計にはいくつかの専門知識を要する分野があり、役割分担によって対応するのが通例です。土地の選定のためにボリュームチェック図、工事を発注するための設計図、工事を具体的に行うための設計図、工事が完成した後に引き渡される完成図書などがありますが、大設計では、それらを一貫して行うとこができることを強みとしています。一般的には設計の最初の部分だけを行う設計事務所が多いなかで、ワンストップの設計サービスを提供できることは、お客さまにとって大きなメリットになると考えています。

土地有効活用・土地選定
所有している・購入を検討している「土地」がございましたら、その土地にどれくらいの規模の建物を建てることができるのかがわかるボリューム提案をいたします。
土地には用途地域というものが存在します。用途地域によって建築できる建物に制限があり、さらに建築基準法や条例といった多くの規制もあるため、イメージしている建物が建たない場合もあります。そういったことが起こらないように法令や条例を読み取り、様々な制限のあるなかで最良のプランを検討し、土地の魅力を最大限に引き出します。
事業収支・投資検討・資産運用
各分野に専門知識を持ったスタッフを配置し、様々な面から事業のトータルバランスを検証いたします。
建物を建てる際には「どれくらいの予算で建物が建つのか」「収益はどのくらいなのか」「保守・メンテナンスにはどのくらいかかるのか」といった項目を十分に検討することが重要です。これらの各項目に対して専門知識を持ったスタッフが担当することで、より現実性・具体性のある事業提案をします。
企画計画・デザイン計画
土地選定、事業収支といった計画の枠組みが出来あがりましたら、「事業計画書」として企画提案いたします。
諸条件が揃いましたら、「事業計画の見える化」につながる「計画図」に着手します。ここでお客様の様々な要望・意見をヒアリングさせていただきながら、概算のデザイン計画に着手します。事業のトータルバランスが崩れないように細心の注意を払いながら全体計画を進めます。
基本設計・実施設計・確認申請・設計監理
お客様との打ち合わせを重ね、要望を図面に落とし込み、設計図書を作り上げます。設計図書が完成しますと、図面通りに工事が進んでいるのかという現場監理までトータルでサポートいたします。
想いの詰まった設計図を作り上げることで、「事業計画の見える化」がより鮮明なものになっていきます。建物の建てるうえで欠かせない「確認済証」「検査済証」といった必要届出書類等を提出します。工事が始まりますと竣工・引き渡しに向けて「品質・工程・安全・コスト」の監理に徹底していきます。
アフター管理
竣工・引き渡しを終えると事業計画完了となりますが、アフターサービスのご相談もお任せください。
人が集い、使用し始めることで建物の価値が生まれます。使われることで生じる改善ポイントがありましたらご相談ください。また、建物には定期的に保守・メンテナンス時期がありますので、お困りの際はご相談ください。

もっともっと幅広いサポートもしております

◎実施設計業務 ◎改修設計業務 ◎デザイン監修業務 
◎耐震診断業務 ◎建物管理台帳 ◎CADデータ変換業務 
◎トレース業務
その他、様々な分野でサポート致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

その他の業務はこちら

Copyright © 2017 Daisekkei All Rights Reserved.